施術関連

【青髭の人必見!】悩みを根本から解消!男性向け脱毛のススメ!!!!

剃っても剃っても消えない青髭。これに、どれほどの男性達が悩まされている事でしょうか。今回はその憎き青髭の根本的な解決方法を説明していきます!解決法を知り、根本的に解決することで、青髭から解放され自信に満ちた自分を取り戻しましょう!

青髭の原因とは

髭の主な原因は、皮膚のすぐ下にある髭が透けて見えることが最大の原因です。特に髭が太くて硬い人は青髭が見えやすい原因になります。また、髭が太く肌が白い人は青髭が見えやすい傾向にあります。

青髭の対策方法

青髭対策として、以下の方法が効果的です。ただし最も効果的な方法は髭脱毛であることを忘れないでください!

限りなく剃り残しを減らす

髭の剃り残しが少しでもあると青髭は見えやすくなります。そのため髭剃りを行った際はしっかりと剃り残しがないか確認しましょう。カミソリで剃っている場合は肌に対して垂直に剃る、または、毛の生え方に対して逆から剃ることで剃り残しを限りなく少なくする事ができます。しかし、逆剃りの場合は肌を痛めてしまうことがあるためシェービングクリームやジェルなどで保護しつつ行うようにしましょう。

日焼けをする

先ほども述べたように青髭は皮膚のすぐ下の太く濃ゆい髭が透けて見えることが原因です。皮膚内の髭は剃ることが出来ないため透けて見えますが、肌が黒くなるほど皮膚下の髭は見えづらくなります。日焼けをすることで即時的に効果を体感できますが紫外線は肌トラブルの原因と直結するためあまりおすすめではありません。もし、即時的に効果を実感したい場合や脱毛はしたくない場合は、日焼けサロン等で肌のトーン調整をすることが望ましいです。

髭脱毛をする

上記の対策に加えて、最も効果的な青髭対策は髭脱毛です。これは実際に私も経験済みであり確実な方法です。レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛など種類はいくつかありますが間違いなく青髭の改善効果を実感できます。髭剃りや日焼けに比較し効果はすぐに現れませんがクリニック等で継続した施術を行ってもらう事で確実に青髭は改善するでしょう。しかし、セルフケアに比べ脱毛はその分費用がかかることが注意点です。

脱毛の種類

脱毛には、施設で実施されるものや自宅で簡単にできるものなど、さまざまな種類があります。ここでは、将来的に髭を無くしたり、減らす効果がある脱毛方法に焦点を当てて説明します。 光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つが長期的な効果が期待できる脱毛手法です。それぞれの特性が異なりますので、以下の説明を参考にして自分に適した方法を選んでください。

光脱毛

この脱毛方法では、メラニン色素に反応する光を肌に照射し、毛根にダメージを与えて毛が生えにくくなる仕組みです。医師の免許が不要なため、エステやサロンで広く利用されています。家庭用光脱毛器もこのカテゴリに含まれます。痛みは少ないですが、効果も弱く、実際には永久脱毛とは呼べません。そのため、深い毛根の髭脱毛には適していません。

レーザー脱毛(医療用)

この方法では、メラニン色素に反応するレーザーを照射し、毛根を加熱して「毛生成に関わる細胞」を破壊します。仕組みは光脱毛とほぼ同じですが、出力が大きな違いです。光脱毛では広い波長の光を照射するのに対し、レーザー脱毛では特定の波長を集中的に照射し、深い毛根に届いて破壊します。痛みはあるものの、医療機関でしか施術できず、3つの中で最もコストパフォーマンスが高くおすすめです。

ニードル脱毛

この脱毛法は、毛穴に針を差し込み、電気や高周波を流して毛根を破壊します。レーザー脱毛と同様に、半永久的な効果が認められています。毛穴ごとに針を差し込むため、3つの中で最も確実性と効果が高いとされていますが、実際には光脱毛より効果が高く、レーザー脱毛より効果が低いです。また、痛み、施術時間の長さ、費用がネックです。ニードル脱毛は毛穴に針を刺すため、皮膚トラブルや感染症リスクがあり、医療機関でしか行えませんが、エステサロンで施術しているところもあります。同じニードル脱毛でも、美容針脱毛と絶縁針脱毛は異なり安全性や脱毛効果に差があります。ニードル脱毛を選ぶ際は安全性を考慮し、医療機関で受けることをお勧めします。個人的な感想として、絶縁針脱毛の経験者からは非常に痛いという意見が多いので覚悟を持って受けることが重要です。

髭脱毛の費用

先に述べた3つの方法を比較すると、施設や回数によって費用が異なりますが、大まかな相場はニードル脱毛>レーザー脱毛>光脱毛の順になります。 ニードル脱毛は手間や技術が必要で、専用の針も用意しなければならないため、費用が高くなります。レーザー脱毛も医療従事者が施術を行う必要があるため、光脱毛よりもコストが高くなります。ですが最近ではレーザー脱毛の価格も下がり、髭脱毛に関してはレーザー脱毛と光脱毛の1回あたりの料金はほぼ同じです。しかし、光脱毛は効果が最も弱いため通う回数が増えると費用も高くなります。また、病院を選びさえすればレーザー脱毛で低価格で効果的な脱毛を行うことが可能です。コストパフォーマンスを考慮するとレーザー脱毛が最もお得です。

脱毛にかかる期間

ヒゲ脱毛は一度の施術だけでは、すべてのヒゲを完全になくすことはできません。多くの方が「今すぐにヒゲを無くしたい」と考えるでしょうが、残念ながらヒゲの生え変わりのプロセス上、すぐにヒゲをなくすことは不可能です。では、ヒゲの生え変わりとはどのようなものか簡単に説明します。

毛には毛周期というサイクルがあり、成長期→退行期→休止期と変化していきます。光脱毛やレーザー脱毛は、成長期において毛が毛乳頭と密接に接触している時のみ、毛根にダメージを与えることができます。そのため、光脱毛やレーザー脱毛は成長期のヒゲに対してのみ効果があります。一方、ニードル脱毛は毛穴から毛が出ている限り施術が可能ですが、退行期では毛穴が固まって針が適切な位置に届かず再び生えることが多いです。

では、実際にどれくらいの回数が必要なのでしょうか?インターネットで脱毛の目安を調べると、光脱毛は約12回以上レーザー脱毛は約5回以上ニードル脱毛は約5回以上で効果を実感できるとの報告が多くあります。医療レーザー脱毛の場合、ヒゲのような深い毛に対して、1回の施術で約10%の減少が体感できることが一般的です。毎回残ったヒゲの10%が減るとすれば、10回の施術で元のヒゲの65%が減少し、20回で90%程度減になります。私自身は髭がかなり濃い方なので、完全に毛が無くなったと感じるまで25回ほどかかりました。目指す脱毛のレベルや個人の体質、さらにレーザー脱毛の機種によっても回数が変わりますが、これらの数値はあくまで目安として考えた方がいいと思います。

痛みの程度

「ヒゲ脱毛は痛い!!!」という話をたびたび耳にします。実際の痛みについては「レーザー脱毛の痛みはゴムで皮膚を弾かれる感覚」と表現されることが多いです。実際のところ私も体験しましたがこの表現はかなり正確です。ニードル脱毛は、針を刺す際に電気のビリビリする感覚が加わり、身体が反射して固まるほど痛みを感じます。光脱毛は痛みが弱いとされていますが、ヒゲへの照射は痛いです。不安をあおるような表現になってしまいましたが、ご安心ください。レーザー脱毛の場合、照射時間はおおよそ5分から10分であり、ヒゲ脱毛を続け髭が薄くなるにつれ痛みは徐々に軽減されます。また、医療機関によっては、麻酔のオプションが用意されています。痛みに耐えられない場合、麻酔クリームや笑気麻酔で痛みを緩和できます。カウンセリングで相談すれば、試し照射を行ってくれるクリニックもありますので、痛みや照射後の赤みを事前に確認できます。

クリニックを選ぶポイント

それでは、どのような場所で脱毛を受けるべきでしょうか? 私が注目する要素としては、エステサロンではなく医療機関であること、費用が手頃であること、通いやすい立地にあることが大切だと思っています。

オススメはエステサロンよりも医療施設!!

結論から申し上げますと、エステサロンは医療機関ではないため毛根を破壊するレーザー脱毛やニードル脱毛は実施できません。私自身、エステ店で光脱毛を試したことがありますが、一時的な髭の減少後、やがて元の状態に戻ってしまい結局クリニックへ通うことになりました。私の経験から無駄な時間とお金の浪費を避けるため、最初からクリニックを選ぶことを皆さんに強くお勧めします!

費用がお手頃、無期限コースがあること

レーザー脱毛は自由診療のため、クリニックが価格を自由に設定できます。しかし、高い料金が効果が高いことを意味するわけではなく、同じ機器を使っている場合、効果の違いはほとんどありません。ヒゲ脱毛には何度も通う必要があるため、できるだけ費用が手頃なクリニックで脱毛を受けることをおすすめします。レーザー脱毛では、5回から6回のプランを提供しているクリニックが多い中で、湘南美容外科がコストパフォーマンスが良いとされています。予算を制限できる点やコスパの面から、無期限コースがあるクリニックを選ぶことをお勧めします。ただし、完全脱毛を求めず、青ひげを多少改善できれば十分だという方や、忙しくて期間制限のある無制限コースで十分な回数を通えないという方は、回数制限のあるプランで通う方が費用を抑えられるでしょう。

通院しやすい場所であること

ヒゲ脱毛は何度も通う必要があることは皆さんもご存知でしょう。そのため、通いやすさはクリニック選びの重要な要素となります。脱毛のためにお金を投じても、通いづらい場所だと足が遠のいてしまい、損をすることになりかねません。また、近所にクリニックがあれば、皮膚トラブルが発生した際にすぐに再診を受けられるメリットもあります。そのため、近くにあるクリニックを選ぶことが望ましいでしょう。さらに、クリニックの休診日や診療時間も通いやすさに関係してくるため事前に確認しておきましょう。

まとめ

  1. 脱毛にかかる期間と回数
    ヒゲ脱毛では、光脱毛は約12回、レーザー脱毛は約5回、ニードル脱毛は約5回の施術が目安です。ただし、個人差や目指す脱毛具合によって回数は変わります。
  2. 痛みについて
    ヒゲ脱毛は痛みがあるものの、施術が進むと痛みは徐々に減ります。痛みが我慢できない場合は、麻酔クリームや笑気麻酔で痛みを軽減できます。
  3. クリニック選びのポイント
    エステサロンではなく、医療施設であること、料金が安いこと、通いやすい環境であることが重要です。
  4. 医療施設であること
    エステサロンでは医療機関ではないため、レーザー脱毛やニードル脱毛が行えません。効果的な脱毛を求めるなら、最初からクリニックを選ぶことがお勧めです。
  5. 費用がお手頃、無期限コースがあること
    ヒゲ脱毛には回数が必要なため、できるだけ料金が安いクリニックを選ぶことがお勧めです。無期限コースがあるクリニックを選ぶことで、予算管理がしやすくなります。
  6. 通院しやすい環境であること
    ヒゲ脱毛は何度も通う必要があるため、通いやすいクリニックを選ぶことが重要です。近場で診療時間や休診日にも注意し、通いやすさを確認しましょう。