施術関連

【医療脱毛の真実】髭脱毛の効果や方法を徹底解説!あなたが知りたい医療脱毛とは?

髭脱毛で悩む男性の皆様。脱毛サロンはどこに行くべきか決めましたか?結論から申し上げますと、その悩みは医療脱毛の方が根本的に解決できるかもしれません。この記事では、髭脱毛の悩みを解決する医療脱毛の効果や方法について詳しくご紹介します。自分に合った脱毛法やクリニックを知り、ツルツルの肌を手に入れましょう!

医療脱毛とは?

医療脱毛は、病院やクリニックで行われる永久脱毛のことを指します。種類は主に、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛がありますが各々に適した方法を選択し、毛の成長に関わる部分を壊すことで、毛が生えなくなる仕組みです。

この施術は、医師や看護師のような資格を持った専門家が行うので、美容サロンではなく、クリニックで受ける必要があります。効果は高く、永久に毛が生えなくなることが可能です。ただし、医療行為のため、病院やクリニックでしか受けられず、施術前には医師の診察が必要になります。

髭脱毛のメリット!!

皆さんは髭剃りに1日あたりどれほどの手間をかけていますか?人により自己処理の時間の差はあれど、毎日ケアをしている人は多いと思います。髭脱毛をすることで得られるメリットを紹介します。

毎日の髭剃り時間を短縮!!

仮に1日の髭剃りが5分かかるとしましょう。もし、髭脱毛をせず自己処理を続けていると、単純計算で一生のうち約1200時間も髭剃りに費やすことになります。3分で済ませる事が可能であったとしても、約730時間とかなりの時間です。

ですが、髭脱毛を行うことにより完全脱毛であれば、髭剃りが不要になる為、髭剃りの時間は0にする事が可能となります。また、清潔感も向上し爽やかな印象も得られるため一石二鳥です。

カミソリ負けを根本から解決!!

普段何気なく行っている髭剃りですが、実はかなり肌へダメージを与えてしまう行為です。なぜかと言うと、皮膚にカミソリが触れることで肌を保護している角膜質が傷ついてしまっているからです。皆さんもカミソリ負けは経験した事がある人は多いのではないでしょうか?

髭脱毛を行うことで、髭剃りを行わなくて済むようになる為、結果的に肌へのダメージを軽減することができます。

髭脱毛の種類

光脱毛

この脱毛方法では、メラニン色素に反応する光を肌に照射し、毛根にダメージを与えて毛が生えにくくなる仕組みです。医師の免許が不要なため、エステやサロンで広く利用されています。家庭用光脱毛器もこのカテゴリに含まれます。痛みは少ないですが、効果も弱く、実際には永久脱毛とは呼べません。そのため、深い毛根の髭脱毛には適していません。

レーザー脱毛(医療用)

この方法では、メラニン色素に反応するレーザーを照射し、毛根を加熱して「毛生成に関わる細胞」を破壊します。仕組みは光脱毛とほぼ同じですが、出力が大きな違いです。光脱毛では広い波長の光を照射するのに対し、レーザー脱毛では特定の波長を集中的に照射し、深い毛根に届いて破壊します。痛みはあるものの、医療機関でしか施術できず、3つの中で最もコストパフォーマンスが高くおすすめです。

ニードル脱毛

この脱毛法は、毛穴に針を差し込み、電気や高周波を流して毛根を破壊します。レーザー脱毛と同様に、半永久的な効果が認められています。毛穴ごとに針を差し込むため、3つの中で最も確実性と効果が高いとされていますが、実際には光脱毛より効果が高く、レーザー脱毛より効果が低いです。

また、痛み、施術時間の長さ、費用がネックです。ニードル脱毛は毛穴に針を刺すため、皮膚トラブルや感染症リスクがあり、医療機関でしか行えませんが、エステサロンで施術しているところもあります。

同じニードル脱毛でも、美容針脱毛と絶縁針脱毛は異なり安全性や脱毛効果に差があります。ニードル脱毛を選ぶ際は安全性を考慮し、医療機関で受けることをお勧めします。個人的な感想として、絶縁針脱毛の経験者からは非常に痛いという意見が多いので覚悟を持って受けることが重要です。

髭脱毛の1回目で得られる効果

毛には「毛周期」という、毛が生え変わるサイクルがあります。脱毛が効果的なのは、「成長期」の毛だけです。退行期や休止期の毛は、たとえ強力なレーザーを当てても、脱毛効果はほとんどありません。

これは、脱毛機が毛根の色素(メラニン)に反応するからです。成長期の毛は、毛根のメラニン色素が濃いのですが、退行期や休止期の毛は、色素が薄くなっています。脱毛機は濃いメラニン色素には効果があるものの、薄いメラニン色素には効果がないため、脱毛効果が得られません。

成長期の毛は全体の約20%だけであるため、1回の脱毛で20%の効果が得られると言われています。

髭脱毛は痛い?

A、痛いです

実際の痛みについては、レーザー脱毛場合、痛みは「ゴムで皮膚を弾かれる感覚」と表現されることが多いです。実際のところ私も体験しましたがこの表現はかなり忠実に再現されています。

ニードル脱毛は、針を刺す際に電気のビリビリする感覚が加わり、身体が反射して固まるほど痛みを感じます。光脱毛は痛みが弱いとされていますが、ヒゲへの照射は痛いです。

不安をあおるような表現になってしまいましたが、ご安心ください。レーザー脱毛の場合、照射時間はおおよそ5分から10分であり、ヒゲ脱毛を続け髭が薄くなるにつれ痛みは徐々に軽減されます。

また、医療機関によっては、麻酔のオプションが用意されています。痛みに耐えられない場合、麻酔クリームや笑気麻酔で痛みを緩和できます。カウンセリングで相談すれば、試し照射を行ってくれるクリニックもありますので、痛みや照射後の赤みを事前に確認できます。

髭脱毛の費用

光脱毛

1回:5千円〜1万5000円
(自己処理が楽になる程度)回数:約10回 費用:8〜10万
(ほとんどツルツルになる)回数:約25回 費用:20〜22万

レーザー脱毛

1回:1〜2万円
(自己処理が楽になる程度)回数:約6回 費用:7〜9万
(ほとんどツルツルになる)回数:約13回 費用:13〜18万

ニードル脱毛

1回:2〜3万円
(自己処理が楽になる程度)回数:約6回 費用:15〜20万
(ほとんどツルツルになる)回数:約15回 費用:25〜35万

※上記は一般的な相場ですが、クリニックによっては回数券やコースプランなどを用意しているところもあります。各クリニックのHPをご参照ください。

クリニックの選び方

それでは、どのような場所で脱毛を受けるべきでしょうか? 私が注目する要素としては、エステサロンではなく医療機関であること、費用が手頃であること、通いやすい立地にあることが大切だと思っています。

オススメはエステサロンよりも医療施設!!

結論から申し上げますと、エステサロンは医療機関ではないため毛根を破壊するレーザー脱毛やニードル脱毛は実施できません。私自身、エステ店で光脱毛を試したことがありますが、一時的な髭の減少後、やがて元の状態に戻ってしまい結局クリニックへ通うことになりました。私の経験から無駄な時間とお金の浪費を避けるため、最初からクリニックを選ぶことを皆さんに強くお勧めします!

費用がお手頃で無期限コースがあるクリニックがおすすめ!!

レーザー脱毛は自由診療のため、クリニックが価格を自由に設定できます。しかし、高い料金が効果が高いことを意味するわけではなく、同じ機器を使っている場合、効果の違いはほとんどありません。

ヒゲ脱毛には何度も通う必要があるため、できるだけ費用が手頃なクリニックで脱毛を受けることをおすすめします。レーザー脱毛では、5回から6回のプランを提供しているクリニックが多いです。予算を制限できる点やコスパの面から、無期限コースがあるクリニックを選ぶことをお勧めします。

ただし、完全脱毛を求めず、青ひげを多少改善できれば十分だという方や、忙しくて期間制限のある無制限コースで十分な回数を通えないという方は、回数制限のあるプランで通う方が費用を抑えられるでしょう。

通院しやすい場所であること

ヒゲ脱毛は何度も通う必要があることは皆さんもご存知でしょう。そのため、通いやすさはクリニック選びの重要な要素となります。脱毛のためにお金を投じても、通いづらい場所だと足が遠のいてしまい、損をすることになりかねません。

また、近所にクリニックがあれば、皮膚トラブルが発生した際にすぐに再診を受けられるメリットもあります。そのため、近くにあるクリニックを選ぶことが望ましいでしょう。さらに、クリニックの休診日や診療時間も通いやすさに関係してくるため事前に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?医療脱毛には医学的根拠に基づいた施術を実施している為、脱毛効果は非常に高いです。脱毛サロンよりも費用がかかる部分はありますが、継続して髭脱毛を行う事で永久脱毛を実現できます。光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の中から自分に合う脱毛法を選び、クリニックで脱毛する事がツルツル肌への最大の近道です。

クリニックを選ぶ際は、医療機関であること、費用が手頃で無期限コースがあること、通いやすい立地にあることをポイントに選びましょう。無理のない範囲で継続することで、あなたの理想の肌を手に入れることができるでしょう。