アフターケア

【脱毛成功への道】ヒゲ脱毛後に点々と生える理由は何?原因と対処法を知ろう!

ヒゲ脱毛をしたけど、点々とヒゲが生えてしまい気になっている方必見!今記事では、ヒゲ脱毛後に点々とヒゲが生えてくる原因や、対応策についてご紹介いたします。

どうして脱毛後にヒゲが点々と生えてくるの?

ヒゲ脱毛は、繰り返し施術を行うことで毛量が徐々に減少し、医療脱毛の場合、自己処理がほぼ不要な状態になることができます。

ただし、脱毛治療中も、まだ脱毛効果が得られていないヒゲは引き続き生えてしまいます。

ヒゲ脱毛後に生えるヒゲは、必ずしも均一に生えてくるわけではなく、一時的にまだら状に生えることがあるのです。

ヒゲが薄い部分と濃い部分が混在すると、見た目が気になるかもしれませんが、施術を続けることで改善されるため、過度に心配することはありません。

それでは、ヒゲ脱毛によってヒゲが点々と生える理由をご説明していきます。

毛周期が関係しています

ヒゲ脱毛後にヒゲが点々と生える主な原因は、毛周期にあります。

ヒゲには生え変わる周期が存在し、これは個々のヒゲによって異なります。

毛周期には「成長期」「退行期」「休止期」の3つが存在します。

ヒゲ脱毛の効果が得られるのは、成長期のヒゲのみで、1回の脱毛施術で効果が期待できる毛の割合は約10~20%とされています。

そのため、脱毛施術は間隔をあけて何度も行う必要があり、繰り返し照射することで全体のヒゲに効果が現れるのです。

退行期・休止期のヒゲにレーザーや光を当てても脱毛効果は得られず、これらのヒゲは成長期になると皮膚の表面に生えてきます。

退行期・休止期のヒゲは顔全体に均等に分布していないため、レーザーや光を全体に照射しても、生えるヒゲに偏りが生じることがあります。

照射漏れの可能性

医療脱毛の施術では医療従事者による施術が基本です。

彼らは施術のプロでありますが、時に全ての施術部位に対して完全にレーザーや光を照射できず、照射漏れがある場合もあります。

毛の生え方が明らかに不自然な場合は、照射漏れの可能性も考慮しなければなりません。

また、使用されている脱毛機器が高出力のレーザーを一度に照射する機器なのか、低出力のレーザーを重ねて徐々に熱を加える機器なのかによって、照射漏れの発生のしやすさが変わります。

ヒゲが点々と生えている場合、それが自然な範囲なのか、照射漏れが原因なのかを自分で判断するのは困難です。

生え方の偏りが気になる場合は、まず通っているクリニックやサロンに相談してみることをおすすめします。

ヒゲ脱毛後にヒゲが点々と生えた場合の対処方法は?

ヒゲが点々と生えてきてしまってもあまり気にする必要はありません。

ヒゲが生えてきてしまった際は以下の対策がおすすめです。

脱毛施術を継続しましょう

ヒゲが点々と生えてしまったとしても、施術を中断せずに続けることが重要です。

点々と生えたヒゲは、これまでの施術で脱毛効果が得られなかったヒゲです。

ヒゲが成長していることから、成長期にある毛である可能性が高く、次回の施術でレーザーを照射すれば、脱毛効果を実感できるでしょう。

施術を繰り返すことで、次第にまだらに生える状態は改善され、医療レーザー脱毛の場合、ほとんど自己処理が不要な状態に近づくことが期待できます。

髭剃りを丁寧に行いましょう

点々とヒゲが生えたヒゲが気になる場合は、髭剃りを丁寧に行うことをおすすめします。

ヒゲが不均一に伸びていると、脱毛完了した部位と未処理の部位の境界線が目立ってしまいます。

この際は、電気シェーバーを使用し、剃り残しのないように注意深く処理すると良いでしょう。

しかし、深く剃るために力を入れすぎたり、無理な方法でヒゲを剃ったりすると、傷ができて逆に目立ってしまうことがあるので、注意してください。

毛抜きはNG!

点々とヒゲが生えると、見た目が気になり、できるだけ目立たないようにしたいと思うかもしれません。

毛抜きで根元から抜けば、目立たなくなると考える方もいるかもしれませんが、ヒゲを毛抜きで抜くことは避けるべきです。

毛抜きを使った自己処理が望ましくない理由は以下の通りです。

毛周期が乱れてしまう

毛抜きを使った自己処理では、成長期のヒゲも抜いてしまう可能性があります。

ヒゲを本来の毛周期とは違うタイミングで抜くことで、生え揃うタイミングがずれ、次回の施術の効果に影響が出る可能性があります。

この場合、ヒゲが再び生えるまで施術ができなくなることもあります。

予定していたスケジュールや回数で脱毛を進められなくなるリスクがあるため、ヒゲ脱毛中の自己処理はシェーバーを使うことが望ましいです。

レーザーの反応が鈍る

脱毛に使われるレーザーや光は、毛の色を生み出すメラニンに反応する原理があります。

シェーバーで自己処理を行うと、表面上はヒゲがないように見えますが、毛穴の中にはまだ成長中のヒゲが残っています。

このため、脱毛の施術時にはレーザーや光が適切に反応し、脱毛効果が得られます。

しかし、毛抜きでヒゲを根本から抜いてしまうと、レーザーや光が反応する必要なメラニンがなくなります。

その結果、どんなにレーザーや光を照射しても脱毛効果は得られません。

脱毛の目的が無効になってしまうため、ヒゲがまだらに生えていない時も、毛抜きによる自己処理は避けるべきです。

肌トラブルの原因になる可能性も

無理にヒゲを毛抜きで抜くと、埋没毛や毛嚢炎といった肌の問題が引き起こされることがあります。

埋没毛は、毛抜きで肌にダメージを与えると、肌を守るため角質層が厚くなり、毛が肌の表面に出てこられなくなる状態を指します。

毛嚢炎は、無理な自己処理で傷ついた肌に細菌が侵入し、炎症が発生する状態です。

これらの肌の問題は、黒ずみ、赤み、腫れなどを引き起こし、外見にも悪影響を及ぼします。

また、次回の施術ができなくなることもあるので、注意が必要です。

まとめ

ヒゲ脱毛後に点々とヒゲが生えてくる原因は主に毛周期や照射漏れが関係しています。

脱毛治療を継続し、髭剃りを丁寧に行うことが対策としておすすめです。

ただし、毛抜きを使った自己処理は、毛周期が乱れたり、肌トラブルを引き起こす可能性があるため避けるべきです。

点々と生えたヒゲが気になる場合は、通っているクリニックやサロンに相談することをおすすめします。

施術を続けることでヒゲの生え方が徐々に改善され、最終的にはほとんど自己処理が不要な状態に近づくことができるでしょう。